オートミルクの紹介

オートミルクは約30年の歴史を持ち、1990年代にスェーデンのルンド大学の2人の教授によって設立されました。
スウェーデンで有名なオート麦植物タンパク質ブランドとして、オートミルクは高品質の健康食品で環境に優しいオート麦製品のシリーズの開発に焦点を当てています。
オートミルクは、栄養・信頼と透明性・持続の可能性・高品質のオート麦を楽しみ、身体と心のケアを推奨し、地球環境を保護し、地球資源の消費を減らします。

オートミルクて何?

オートミルクは、健康的でバランスのとれた環境に優しい食事改革をリードする飲料です。
オート麦への30年近くの研究で、オート麦がバランスの取れた植物性タンパク質で在るだけではなく、オート麦飲料を生産すると牛乳を生産するのではCO2排出量は5分の1しか放出されません。

オート麦の魅力

多くの野菜には、水に溶けにくい(不溶性)タイプが含まれておりますが、大麦は他の食材ではなかなかとることのできない水溶性の食物繊維が含まれております。
グラノーラやオートミールなどに加工されることの多いオート麦は、外皮に水に溶ける(水溶性)食物繊維の大麦β-グルカンを含んでおり、健康効果も続々発表されています。
この大麦β-グルカンは、食後の血糖値上昇を抑える=「糖質の吸収を抑える」ことがわかっておりその働きというと、水に溶けると水分を吸収してゼリー状に固まる性質があり、ゼリー状態となった大麦β-グルカンが、胃の中にある食べ物を包み込んで、消化器官をゆっくり移動し糖質の吸収をゆるやかにしてくれるのです。
最先端の特許技術により、製造プロセスを経てもβ-グルカンを最大限保持できるため、栄養価の高いおいしい飲み物となっております。

健康効果は、世界各国がお墨付き!

世界各国から”お墨付き”をもらっている大麦β-グルカンですが、具体的には、1日3000mgを摂ることのできる健康的な食べ物に対して、米国では「冠状動脈心疾患のリスクを下げる」効果を表示することが認められており、日本でも、健康食品の普及啓発活動を行う日本健康・栄養食品協会が「コレステロールの正常化」「食後血糖値の上昇抑制」「満腹感の維持作用」について効果があると評価しています。
ちなみに、アメリカでは2006年に、カナダや欧州連合は2012年に、オーストラリア・ニュージーランドは2013年のβ-グルカンの健康表示が許可されています。

オートミルクの人気

オートミルクは、糖質が少なく、食物繊維が豊富な栄養満点なドリンクとあって健康・美容意識の高い人やヘルシー志向の高い人など、牛乳の代わりとして人気がでています。
《メリット》 ・牛乳よりも消化が良い ・100%植物性である ・腸内フローラを整えてくれる ・植物繊維を豊富に含んでいる ・抗酸化成分を多く含んでいる ・飽和脂肪が少ない ・血糖値をコントロールする
大塚製薬によると、大麦β-グルカンは、食後の血糖値の上昇を抑えるだけではなく、1日の糖質や食生活をコントロールすることができ、大麦β-グルカンを含む食事を摂ると、食後の糖質吸収が53%抑制されることが報告されています。と報じています。

オートミルク 商品一覧

オートミルクの食べ方

オートミルクは、ホット・コールドのどちらでも飲むことができますが、牛乳の代わりとしてコーヒーや紅茶・ココアなどに入れて飲むのもおすすめです。
シリアルなどにかけて食することの多いオートミルクですが、牛乳と同じように料理にも使えます。
たとえば、クリームやソース、スムージー、お菓子類など、普段の牛乳使いと同じように料理にも活用できます。
糖質が気になる、食物繊維が不足がちという方はオートミルクを検討してみてはいかがでしょうか。